トヨタのBOX系ミニバン車種であるヴォクシーについて、その成り立ちや魅力について取り上げます。

ありきたりな車種と一線を画すヴォクシーの魅力
ありきたりな車種と一線を画すヴォクシーの魅力

トヨタのミニバン車種、ヴォクシー

トヨタのBOX系ミニバン、ヴォクシー。トヨタを代表する車種ですね。もともとトヨタには1BOX車種としてライトエースが販売されており、その後継車種としてヴォクシーはデビューしました。
同時に販売されているノアは姉妹車にあたります。
それまではホンダのステップワゴンにやられていたのですが、このヴォクシーから巻き返していきます。
乗用車のフロアを使い、ステップワゴンにはない両側スライドドアを採用。両側のスライドドアは運転手がリアシートへの荷物をとったり、お子さんを下したりする際、左側に回り込む手間が省けるのでとても便利なアイテムです。
当時はまだ珍しかった両側スライドドアですが、今は多くの車種に採用されているわけですから、市場のニーズを先取りしたともいえるかもしれません。

ノアとヴォクシーの違いは外観くらいで、中身は同じです。
他社のライバル車種、セレナやステップワゴンに比べて長さが抑えられています。
10cm足らずの違いではあるのですが、車庫の制約がある家庭の方には気になる要素かと思います。
人気車種である上に、トヨタの車種ですから、リセールも良好。長く乗る方にとってリセールは関係ないでしょうが、次に乗り換える際に支払いを抑えることができるので、短い期間でお乗り換えを考えられている方にはメリットですね。

燃費向上アイテムであるハイブリッド、アイドリングストップは装備されていませんが、特別なことをしていない分信頼性は高そうです。
アイドリングストップのクルマはバッテリーやセルモーターに負担がかかりそうな気がするもので・・・。

Copyright (C)2018ありきたりな車種と一線を画すヴォクシーの魅力.All rights reserved.